弊社はSEO(検索エンジン上位表示対策)が得意です

自社メディアを複数運営し常に上位表示しています

弊社がSEOが得意だと言い切れる理由は、実際に自社でウェブサイトを複数運営し激戦キーワードで上位表示し続けることができているからです。

過去に〇〇というキーワードで1位をとった事があるというのも素晴らしい実績ではありますが、私たちは、今現在そのキーワードで上位を取り続けているか、実際に売り上げが上がっているかが最も重要だと考えています。

そのためには、実際に激戦ワードで上位表示してるウェブサイトを所有していなければ、今現在そのサイトが上位表示している理由が分かりませんし、上位表示している理由が分からなければ、お客様のサイトの何が悪いのか、どんな施策(SEO)をすればいいのかが分からないはずです。

その点弊社では、自社メディアを元に毎日Googleの動向を見ながら様々な研究を行っていますので、リアルタイムでのSEO対策を行うことが可能です。

Googleは常に進化しており、評価されるページや内容もどんどん変わっていきますので、それに合わせてコンテンツもGoogleに合わせて進化させていくことが最も重要です。

SEOの基礎知識

検索エンジン最適化(SEO)とは

SEOは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字3文字をとった略語です。

日本国内で検索エンジンと言えば、Yahoo!JapanもしくはGoogleをつかうことが主流となっていますが、それらの検索エンジンで検索者が自分の知りたい情報を得られる任意のキーワードで検索した際、そのキーワードでウェブサイトを上位表示させるための対策です。

※今現在YahooはGoogleのシステムを利用してる為事実上Googleの対策となります。

調べたいことは人によって様々で、ノウハウ、情報、経験者の体験談、商標名での商品確認、会社名での会社情報確認、ニュースなど多岐にわたりますが、企業がSEOを行う理由は「集客」や「成約」であることが多いので、その場合はウェブサイトの上位表示自体が目的ではなく、最終的には売上を上げることが目的となります。

つまり、企業様にとっては売上が上がるキーワードでの上位表示と売上げを伸ばすためのストレスのないコンテンツの2つが咬み合って初めてSEOが成功したと言えると思います。

売り上げに関係のないキーワードでのSEOはライバルが少なく成功しやすいので、悪質な業者から安い金額で提案されるということがよくあるのですが、SEOを行うキーワード自体に価値があるかどうかをよく確認してみてください。

内的SEOと外的SEO

SEOの話になるとよく出てくるキーワードが内的SEOと外的SEOだと思います。

内的SEOは、記事などのコンテンツを検索キーワードの答えとして最も適切な内容(Googleに評価される内容)にする作業や、HTMLと呼ばれる文字列の見直しをして評価させたいページを検索エンジンに認識させたり、エラーを少なくしてクローラーに負担が掛からないようにするなどの対策を行います。

関連性の高いページ同士をリンクさせユーザーの回遊率を上げたり、滞在時間を稼ぐような作りにすることも内的SEOになります。

外的SEOは外部サイトからの被リンクをもらうことなので、自分でどうこうできることではありませんが、弊社では何もしないわけではなく、外部(特に同業者)から良質な被リンクをたくさんもらうための対策をしっかりと行います。

外的SEOは、自分ではなく他人に動いてもらうことでしか行えないことから心理学的な要素がとても強いので、対策をしっかりと練ることができる業者は少ないのが現状ですが、弊社ではほとんどのお客様で成功していますので、ぜひお任せください。

SEOで行ってはいけないこと(スパム行為)

外的SEOは有料の被リンクサービスから被リンクをもらうということも1つのSEO手段であり、まだまだ有効でもありますが、自作自演の被リンクをつける行為は検索エンジン(Google)が認めていません。

Googleはスパム行為を発見すると、手動でペナルティを与えてきます。(グーグルがサーチコンソールを通して自作自演の被リンクに対して手動でペナルティを与えたことを知らせてくる。)

ペナルティをもらっても、リンクを外して再審査を依頼することで解除することは可能ですが、ペナルティが解除されたからと言って元の順位に戻る保証はありません。

グーグルに加点されていた被リンクを外す訳ですから、ほとんどの場合大幅に順位が下がります。

検索エンジンは年々進化しており、すでに自作自演でのSEO(ブラックハットでのSEO)は、よほどうまく行わなければすぐにバレてしまいますので、今現在そのような行為を行なっている場合は今のうちに路線変更しておくことをおすすめします。

またスパム行為は自作自演の被リンクの他にも、ホームページの記事内に狙っているキーワードを詰め込みすぎる行為や、同じような内容が書かれたページが複数存在する重複コンテンツなど、無意識うちに行ってしまう行為がスパム行為と認定される場合もあります。

中には自社のコンテンツがコピーされ、そのまま他社に使われていることに気が付かず、重複扱いされている事例もありますので、敵的にしっかりと調査することも非常に重要です。(他人のサイトをコピぺして作られたサイトはミラーサイトと呼ばれます。)

弊社のお客様の中にも、不自然なリンクをはずし重複コンテンツの見直しをするなどして上位表示した例が多数ありますのでお気軽にご相談ください。

弊社ではGoogleのガイドラインにしたがったホワイトハットSEOをベースにアドバイスさせていただきます。

品質に関するガイドライン | Google

SEOは実際にどのようなことを行うのか

では、実際にどのようなことを行っていけばいいのかという話ですが、大前提として知っておいていただきたいのが、Google自体はどうすれば上位表示できるかという答えを発表してないということです。

SEO対策でよく言われていることで、被リンクをたくさん受ける、滞在率を上げる、アクセス数を上げる、回遊率を上げる、良くクリックされるよう内部リンクを最適化する、ソーシャルシグナルを数多く獲得するなど、さまざまな情報が飛び交っていますが、これらはすべてSEO業者が予測と検証を繰り返し、実際に効果があったことを発表しているにすぎません。

Googleが一貫して言っているのは、「検索したキーワードの答えとして最も適切で良質なコンテンツを用意する」ということです。

しかも、Googleは日々進化を続けており、随時アルゴリズムが変化しています。

ですので、昨日通用していたSEO対策が数日で効果が薄れてしまうなんてことも日常茶飯事で、ネット上で得た情報が今現在必要な情報なのかどうか見極めるには実際にウェブサイトを運営し、毎日Googleの動向を見ていかなければなりません。

例えば「更新しないと順位が下がる」と書いているSEO業者様がたくさんいらっしゃいますが、この「更新」というのも、提供しているコンテンツによってどのように更新していけばいいのかが全く違います。

ニュースを提供しているようなサイトであれば、毎日大量の新記事が必要になるでしょうし、ブログのようなフロー型のサイトであれば新たな記事を書けば書くほどGoogleのクローラーは回っていきます。

情報を数多く提供しているストック型のサイトであれば、新規の記事を更新していくことももちろん重要ですが、過去に書いた記事で情報が古くなってしまったものや、追記しなくてはならない情報などをしっかりと管理し、常に最新の情報を提供すると言った意味での更新(リライト)も必要になってきます。

ですので、SEOを語るのであれば1ヶ月に一回は更新しましょうなどと大雑把なことは言えないはずです。

このように、「更新」するにしても提供しているジャンル、コンテンツなどにより行うことが全く違いますし、弊社所有のウェブサイトでほとんど更新しないにも関わらず狙ったキーワードで長年上位表示しているサイトも存在します。

つまり、「SEOは実際にどのようなことを行うのか?」の答えは、上位表示したいキーワードによって、ジャンルや職種、ライバルの強さなどを見極めながら、相対的に対策を練っていかなければならないことを意味します。

まずは基本中の基本として、Googleのウェブマスター向けガイドラインをしっかりと読んでおいてください。

ウェブマスター向けガイドライン | Google

基本的なSEOの情報は無料で得られる

ここまでSEOについて簡単に説明してきましたが、基本的なSEO情報はウェブ上で無料で得られます。

ある程度のリアルタイム情報もブログなどで発信している方がいるので、Googleの動向などもある程度は知ることが可能でしょう。

ですので事実上私たちのような会社の支援を受けなくても、ある程度のSEO対策を行うことは可能だと思います。

SEOとして当たり前と言われていることをネットで調べて1つずつこなしていくだけでも十分効果はでると思いますので、ぜひ行ってみて欲しいのですが、実際に自分でSEO対策をしてみると、なかなか結果が分かりにくく、本当にそれが対策として正解なのかという答えが出るは数ヶ月後という可能性が高くなります。

中には、対策後すぐにたまたまGoogleのアップデートがあってすぐに結果が出る企業様もいらっしゃいますが、多くは数ヶ月から1年といった長いスパンの中で対策を行っていきますので、もしご自分たちでこれを行うとしたら、専門のウェブ担当者を1人雇って、数ヶ月から1年以上の期間、仮説と検証を行う覚悟が必要になります。

これを成功させるには専門の知識を身に着け、検索エンジンの動向を常にチェックする体制を整えなければなりません。

つまり、1つの企業でSEO専門のチームを作り常時仮説と検証を繰り返さなければならないのですが、大手企業でもない限りコストの面で現実的ではありません。

それには時間と人件費がかなりかかるでしょう。

私たちは、その役目をお引き受けするのが仕事です。

基本的なSEO情報をお教えするのではなく、それらの情報と、自社メディアから得ている経験を元に、その企業様に合ったSEO対策を練ってご提案いたします。

ドミナントモーションでは、そんな企業様、店舗様に対し、SEOのセミナーや月次支援を行っております。

私どもは実際にウェブサイトを多数運営しており、毎日検索エンジンの動向を探っていますので、自分たちで仮説と検証を繰り返した中で得た最新のSEOの情報と対策をお伝えすることが可能です。

コンサルティング会社に良くありがちな机上の空論でコンサルティングを行うようなことはありませんし、すべての施策をお任せいただいた場合にもブラックボックスの中でどんな施策を行っているの分からないような分かりにくいことは一切行っておりません。

最新のSEO情報も全てオープンにしており、各企業様が自分たちで対策できる力が付くようにお手伝いさせていただきますので、そのジャンルの専門家である御社とSEOオタクの弊社が協力してSEOを行っていくイメージです。

ウェブ担当者として社員を1人雇用するよりも、私どもにご依頼をいただいたほうが経費の削減につながるとお考えください。

集客とウェブデザインについて

購買意欲のあるキーワードで検索数が見込め、検索エンジンで上位表示もできたら、次は訪問者がアクションを起こしたくなる導線を用意し、ウェブサイト内で迷わずストレスフリーで読みたいコンテンツに誘導する必要があります。

よくウェブデザインという言い方をすると思うのですが、私たちの考えるデザインとは、美しい、綺麗、かっこいい、かわいいなど見た目のデザインではなく、お客様にストレスを与えないデザインを指します。

表示スピード、専門用語を控える、ボタンを分かりやすくするなど、訪問者にやさしいウェブサイトを制作し、お問い合わせなどのアクションを起こしやすくするお手伝いをさせていただきます。

ここで問題になってくるのが、既にウェブサイトをお持ちの企業様で既存のウェブサイトが、分かりにくい、ごちゃごちゃしている、遅いなどのケースです。

この場合はかなりの確率で制作し直しとなりますが、ちょっとしたカスタマイズで済んだ例もありますので、一度ご相談いただければと思います。

松本市、安曇野市など地方都市でのSEO(検索エンジン上位表示対策)について

弊社は地域に関係なく全国からお仕事をお受けしていますが、安曇野市を拠点に活動しているので、地元である松本市や安曇野市といった地方都市でのSEO(検索エンジン上位表示対策)も依頼をいただきます。

松本市、安曇野市の企業様、店舗様が効率良くインターネット上から集客を行うためには、GoogleやYahoo!Japanに代表される検索エンジンで「松本市(地域名)+目的」などの2つ以上の組み合わせで検索され、かつ購買意欲のあるキーワードをみつけ出し、そのキーワードで上位表示する必要があるのですが、多くの場合複数のキーワードでサイトに呼び込む「ロングテール」を意識した手法を用います。

松本市、安曇野市など地域名でのSEO対策

松本市など地方名で行うseo対策ということになりますと、基本になってくるのが「地方名+ジャンル」、「地域名+目的」、「地域名+行動」、「地域名+悩み」など、2つ以上の単語を組み合わせた複合キーワードというもので上位表示をしていくことになります。

例えば、美容室を経営しているのであれば「松本市 美容室」、「松本市 美容院」、「松本市 美容室 メンズ」、「松本市 くせ毛」、「松本市 美容室 安い」など、購買意欲の高そうなキーワードで上位表示しなければなりません。

ここで上げているキーワードはなんとなく予想をして適当に書いただけですが、実際は何というキーワードで予約が取れたかをしっかりとデータとしてストックしていき、seoを進めていきますので、ある程度の期間が必要になります。

またこれらのキーワードで上位表示するには、どのようなコンテンツ(情報)を提供すればいいかを見極め、検索者の知りたい答え(行動、悩みなどの答え)をピンポイントで提供できるよう、データをもとに更新し続けばなりませんので、毎日アクセス解析を見ながらデータを検証する必要があります。

そこまでやる必要があるのか?とよく聞かれるのですが、これは狙っているジャンルや、ターゲットにしている検索者によって変わってきます。

検索者の知りたい答えが何年もずっと変化していない状態もあれば、数か月単位で変化していくものもありますので、Googleが今現在どのような内容の記事を評価しているかを定期的に調査しながら調整していきます。

弊社は松本市、安曇野市を中心に活動していますが、会社を設立した場所が横浜市だったこともあり、東京、神奈川の企業様のSEOやウェブ集客を多数お手伝いさせていただいておりますので、激戦地区でのSEO実績も豊富ですし、中には都市名の入らない○○留学のような全国的な激戦ワードで1ページ目(現在5位)という実績もありますので、ウェブ集客でお困りの方は一度ご相談ください。

松本市、安曇野市など地方都市とウェブ集客との相性

松本市は地方都市なので、東京23区や神奈川などの政令指定都市に比べればライバルも少なく検索エンジン対策は簡単なのかな?と予想される方もいらっしゃるかと思います。

それはあながち間違いではないのですが、実際に対策を行ってみると、狙ったキーワードで上位表示できても検索数(検索エンジンで検索する人の数)が少なすぎて、まったく集客につながらないといった事例がいくつか存在します。

弊社はSEOと集客をセットで考えているので、仮に狙ったワードで上位表示できたとしても、集客できなければ失敗ととらえますので、この場合は上位表示するキーワードをたくさん用意し、1記事ずつでそれらのキーワードを狙っていく「ロングテール」でのSEO対策を行っていきます。

ロングテールに関しての詳しい説明は別の記事で解説させていただきますが、簡単に言うとたくさんの記事を投下することにより、たくさんのキーワードで少しずつアクセスを集める手法と考えてください。

1つのキーワードで毎月1人しかアクセスがないとしても、100個のキーワードで上位表示することができれば100アクセスになりますので、「ちりも積もれば山となる」といった感じです。

また、良くありがちなのが、ある程度検索数があっても、検索者数に対して業者の割合が多すぎて、超激戦になってしまうというジャンルです。

美容室のように、定期的にリピートがあり人口に近い需要があるジャンルであれば問題ないのですが、需要が少ない割に業者が多いといった、ウェブ集客との相性が悪い職種もございます。

その場合は、将来的な需要を待ち構える体制を整えておくための対策や、工事業者であれば地方に進出してくる(している)大手企業からの下請け、孫請けの仕事を狙っていくような対策を行うというのも1つの手です。

実際にこの作戦で大手企業様からの仕事を数多く受注されている工事業者様もいらっしゃいます。

この相性に関しても直接お会いしてヒアリングさせていただき、ある程度の見通しをお伝えさせていただきます。

電話営業のSEO業者に引っかからないようにしてくださいね。

お問い合わせ&ご相談

まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください!!!

こちらから連絡させていただきます。

ご質問、ご相談はお気軽にどうぞ!!