検索エンジン上位表示対策(SEO)

検索エンジン最適化(SEO)と言う言葉をご存知でしょうか?

SEOは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字3文字をとった略語です。

日本国内では、Yahoo!japan、Googleなどの検索エンジンをつかうことが主流となっていますが、その検索エンジンで検索者が自分の知りたい情報を得られると思っている任意のキーワードで検索した際、そのキーワードで上位表示させるための対策です。

※今現在YahooはGoogleのシステムを利用してる為事実上Googleの対策となります。

調べたいことは人によって様々で、ノウハウ、情報、経験者の体験談、商標名での商品確認、ニュースと多岐にわたりますがSEOを行う目的は上位表示させるのではなく売上を上げることです。

つまり、売上が上がるキーワードでの上位表示と売上げを伸ばすためのコンテンツの2つが咬み合って初めてSEOが成功したと言えます。

目的が売り上げである以上は上位表示するだけではなく、ブランディング戦略、ユーザー心理などを考えたプランニングが不可欠だと考えており、プランニングからSEOまで一貫したWebマーケティングノウハウで御社の売上げアップをお手伝いさせていただきます。

内的SEOと外的SEO。

SEOの話しになるとよく出てくるキーワードが内的SEOと外的SEOだと思います。

内的SEOは、ホームページの内容やHTMLと呼ばれる文字列の見直しをしたりして、狙っているキーワードを検索エンジンに認識させたり、エラーを少なくしてクローラーに負担が掛からないようにするなどの対策を行います。

関連性の高いページ同士をリンクさせユーザーの回遊率を上げたり、滞在時間を稼ぐような作りにすることも内的SEOになります。

外的SEOは外部からの被リンクをもらうことなので、自分でどうこうできることではありません。

ですが、何もしないわけではなく、いかに良質な、そして適切なジャンルからの被リンクをたくさんもらえるか、きちんと対策を練ることが可能です。

外的SEOは、自分ではなく他人に動いてもらうことでしか行えませんので心理学的な要素がとても強い作業といってもいいでしょう。

SEOで行ってはいけないこと(スパム行為)

有料の被リンクサービスも1つのSEO手段であり、まだまだ有効でもありますが、自作自演の被リンクをつける行為は検索エンジンが認めていません。

最近では、グーグルがウェブマスターツールを通して自作自演の被リンクに対して手動でペナルティを与えます。

ペナルティをもらっても、リンクを外して再審査を依頼することで解除することは可能ですが、ペナルティが解除されたからと言って元の順位に戻る保証はありません。

グーグルに加点されていたリンクを外す訳ですから、ほとんどの場合大幅に順位が下がります。

検索エンジンは年々進化しており、すでに自作自演でのSEO(ブラックハットでのSEO)はすぐにバレてしまいますので、今現在そのような行為を行なっている場合は今のうちに路線変更しておくことをおすすめします。

またスパム行為は他にも存在します。

ホームページの記事内に狙っているキーワードを詰め込みすぎる行為や、同じような内容が書かれたページが複数存在する重複コンテンツなど、無意識うちに行ってしまう行為がスパム行為と認定される場合もあります。

弊社のお客様の中にも、不自然なリンクをはずし重複コンテンツの見直しをするなどして上位表示した例が多数ありますのでお気軽にご相談ください。

弊社ではGoogleのガイドラインにしたがったホワイトハットSEOをベースにアドバイスさせていただきます。