MEO対策は必須!Googleマップ上位表示対策で劇的に変わる店舗集客

MEO(Googleマップ上位表示対策)とは

MEOは(MAP Engine Optimization)の頭文字3文字をとった略称で、GoogleMapの地図検索エンジン上位表示対策(Googleマップ上に出てくる店舗の順位を上位に表示させるために行う対策)です。米国ではローカルSEO(Local SEO)と呼ばれています。

Googleマップ(旧Googleプレイス)は、Googleで「恵比寿 居酒屋」「渋谷 ネットカフェ」「松本駅 カフェ」などの「地域名(エリア名)+業種・サービス」などのGOクエリと呼ばれるキーワードで検索をした際、検索者の意図を「~に行きたいんだな」と判断し、あなたの現在地を割り出して、その近辺にあるサービス(店舗)などを、インターネットを通して地図上に表示するローカル検索サービスです。

弊社ではGoogleマップがGoogleプレイスと呼ばれていた時代から、MEO対策(Googleマップ上位表示対策)に真剣に取り組んでおり、成約率の高いホームページ制作、SEO対策と同等に力を入れてきたジャンルです。

Googleマップを知らない方はこちら ⇒ Googleマップについて

Googleマップは自動的に表示される店舗は今現在3枠しかなく、この3枠を一定のエリアごとに取り合っている状態で年々対策が難しくなってきています。

「さらに表示」を開くことで4位以下の店舗も見ることができますが、自動的に表示される3位までの店舗様が圧倒的に有利であることはご理解いただけるかと思います。

この順位を3位以内に上げ、優良な今すぐ客を来店まで誘導する対策をしましょうというのがMEOです。

試しに「地域名 業種名(サービス名)」もしくは「業種名(サービス名)」で実際に検索してみてください。

※ 例)「松本市 美容室」 「美容室」など
※今いる場所や状況、検索するキーワードによって「近所」の定義に多少の誤差は出ます。

GoogleはPCの場合はipアドレス、スマホの場合はGPSから現在地を割り出し、近所にある店舗・サービスなどを地図上に出すのでPCでもスマホでも現在地の近所にある店舗などが3つ表示されるはずです。

業種によっては検索流入よりも地図流入の方が圧倒的に多い時代に突入

検索結果よりも上に表示されるGoogleマップは検索順位で1位を取ったサイトよりも上に表示されるので、上位表示する事が出来ればウェブサイトよりも目立ちます。

また、外出中の店舗検索は今すぐ客となる確率が非常に高く、飲食店やホテルなど出先で探すことが多い業種との相性が非常に良いので、そのような業種ではウェブサイトで1位をとるよりも威力があります。

外出時という時間が少ない中での比較検討に適していて、クリック率がウェブサイトよりも高くなりそうだということは容易に想像が付きます。

例えば、外出時にスマホで現在地付近のレストランや居酒屋などを探す際にスマホで検索しますよね。

今や20代、30代の9割以上の人がスマホで検索する時代、おそらくあなたもスマホを多用していると思いますので、ご自分が外出時にどのように店舗を探すか実際にやってみてください。

実店舗を経営されているオーナーの方にとってMEO対策が必須であり決して無視できない集客手段であるということを身をもって体験できるはずです。

スマホで簡単調査・予約が便利でウェブサイトを見る必要がない

例えばですがスマホを使って「恵比寿カフェ」で検索して出てきたGoogleマップ3位のカフェをクリックすると・・・

お店の内装やメニューの画像が見れて、現在営業時間中、口コミが95個投稿、評価は星3.7だということが一瞬で分かりますよね。

画像を見ていただれば分かる通りその他にもたくさんの情報が分かり、電話番号は当然としても「席を予約する」を選ぶと、ぐるなびのネット予約ページに行くことができます。
※提携しているポータルサイトは店舗によって違います。

簡単便利で面倒じゃない!!

これが全てです。

また、一見、地図に出てきてもあまり効果がなさそうな業種やサービスでも、実は地図からの流入が公式サイトの倍以上あったという事例もありますので、MEO対策をしていない店舗様は今すぐ対策することをおススメしておきます。

まだまだMEO対策を行っている店舗が少ない

弊社の肌感では、まだまだMEO対策をしっかりと行っている店舗は少なく、現状ではちょっと対策しただけで上位表示できることが多いという印象です。

業種や地域によっては難易度が高いこともありますが、松本市や安曇野市といった地方都市の場合は、Googleマップが表示されるキーワードなのにがら空きというところも少なくありません。

例えば、「地域名+ダイエット」では競合が多いのに、「地域名+パーソナルトレーナー」では少ないということがありますので、何というキーワードで検索したときにGoogleマップが出てくるのかというのを常に調査しておくということが重要です。

2017年ごろから少しずつMEO対策のご相談が増えてきており、今後はSEO以上に難しくなると予想できますが、2019年現在でも、まだまだ間に合う地域やジャンルはたくさん存在しますので、今のうちに対策をして、先行者利益をいただきましょう。

また、口コミや店舗情報、ルート案内までしてくれるGoogleマップのクリック率は、必然的にウェブサイトよりも高くなりますので、田舎過ぎて検索数が少ないとあきらめる前に、一度試してみてください。

Googleマップの登録は無料

Googleマップは無料で登録できるGoogleアカウントに登録して、Googleマイビジネスに必要な情報を入力するだけで始めることができます。

Gmail、Googleプラス、サーチコンソール、アナリティクスなどをお使いの方は、すでにGoogleアカウントを持っている状態ですので、ログイン後に下記のGoogleマイビジネスにアクセスしてすぐに始めましょう。

 ⇒ Googleマイビジネス

たったこれだけのことでGoogleマップ経由のアクセスが劇的に増えたとしたら・・・面倒だとか言っている場合ではありません。今すぐ登録しましょう。

MEOの基礎知識

Googleマップについて

Googleマップが何か分からない方のために補足です。

※Googleマップは以前はGoogleプレイスという名前でしたが、Googleプレイス終了後にGoogleマイビジネスに統合されました。

こちらをクリックしてみてください ⇒ Googleマップ

近所の地図が出てきたかと思います。

スマホだとアプリもあるので、自動車のナビゲーション替わりにスマホに入れている人もいるぐらい便利なツールなのですが、このGoogleマップは今あなたのいる現在地に近いサービスを地図上で表示してくれて、しかもその店舗の画像、営業日、営業時間、口コミ、メニュー、金額クーポンなどビックリするぐらいの情報を出してくれる上に、GPSを使ってその場所までのルート案内までしてくれます。

すごいですよね。

スマホでアプリを入れている場合はアプリで検索、アプリを入れていないスマホやPC場合でもGoogleで「地域名 業種名」や、場合によっては「サービス名のみ」「業種名のみ」で検索すれば、かなりの確率で表示されます。

試しに、美容室、イタリアンなどで検索してみてください。

実際には、全ての地域、業種で表示されるわけではなく、表示されない地域や業種もあるのですが、今後対応されていくでしょう。

面白い検索方法ですと、地域名を入れずに「トイレ」と入れて検索してみてください。
©バカ毛

おそらくあなたの現在地付近の公衆トイレが地図上に出てくると思います。

ちなみに“I have to go to the bathroom.”など英語で音声検索しても出ます。表示は違いますが。

現状では「うんこ漏れそう」と検索してもトイレはできてきませんが、そのうち近隣の公衆トイレやもっと進化すればトイレのあるコンビニ一覧などが出るようになるかもしれませんね。

 ⇒ 元の位置に戻る

MEOと室内版ストリートビュー(インドアビュー)の導入について

Googleマップからどこかの店舗のマイビジネスにアクセスするとたまにGoogleストリートビューの室内版といった感じの360度室内が見渡せるインドアビューという画像が導入されていることがあります。

これはこれで、あたかもそのお店に訪れたかのような疑似体験ができるので、おしゃれな内装の店舗や、雰囲気のいいお店などは良い集客ツールになっていいですよね。

ですが、これがないと上位表示できないわけでもありませんし、これがあったからと言って上位表示できるわけでもありません。

何もかも対策して、もうこれ以上やれることがないという状況で初めて手を出してみてもいいかなあと考えています。

お金に余裕がある店舗様はやっといて損はないですが、個室のサロンさんですと撮影カ所が多くなるので結構な金額になります。

現状弊社のお客様はインドアビューなしで上位表示できていますので、インドアビューの撮影業者からの営業電話やメールはよく考えてからお返事したほうがいいと思います。

たまに撮影業者がGoogleからの委託だ、代行業者だなどあたかもGoogleからの下請けのような営業しているという話を聞きますが、Googleは撮影を委託していません。

あくまでもGoogleが認定した撮影業者なだけで、ストリートビュー撮影事業を行う権利を得ているというだけです。

中にはGoogleから営業電話がかかってきたと勘違いしている方までいてビックリしましたが、Google自体は撮影やそんな強引な営業をしていません。

MEOで行ってはいけないこと(スパム行為)

SEO同様MEOでもマップエンジンの抜け穴を狙った対策を行うことで上位表示するという手法も存在し、そのような行為はスパム行為と呼ばれGoogleは排除をしにかかります。

現状ではあまり対策は取られていないという印象ですが、いずれGoogleに対策をとられてしまいSEOのようにペナルティを科されることにもなりかねませんので、そのような行為はやめておくことをおススメしておきます。

自演でのサイテーション獲得はNG

MEOではサイテーションといって、その店舗がどのぐらいの知名度かというデータが順位に反映されています。

ここで詳しく書くとスパム行為の温床になりまねませんので簡単に説明すると、Googleはネット上にそのお店の情報がどれだけあるかという情報を収集しているので、自分たちでネット上に自分のお店の情報を書き込めばサイテーションの獲得につながります。

ですが、本来サイテーションは「ユーザー体験」に基づき、お客様が自然と噂していくものなので、店舗自体が商品そのものの魅力を伝える努力をしたり、接客対応の丁寧さや親切さに気を配るなどして、良好なユーザー体験を作るべきです。

とはいえ、アピールをしなければ何も起こりませんので、弊社ではサイテーション獲得のための戦略もご用意しております。

口コミを自分で書くのはNG

一部のMEO業者で自作自演の口コミを推奨しているといったことも小耳にはさみますが、将来的には問題視されるはずですので、将来を見越して慎重に対策を行ってください。

弊社ではお客様に口コミをしていただける戦略をご用意しておりますので、口コミが集まらないといった悩みがある店舗様はぜひご相談ください。

ビジネス名(店舗名)に地域名やサービス情報を入れるのはNG

少しでもSEOの知識がある方の場合、MEOでも店舗名の前についつい地名やサービス情報を入れたくなるのですが、Googleのガイドラインによると、そのようなビジネス名の付け方はガイドライン違反です。

タグライン、電話番号、URL、営業時間、店舗コードを含めることもできません。

知らずに行ってしまっている店舗様が結構いらっしゃいますので注意が必要です。

弊社ではGoogleに掲載するローカルビジネス情報のガイドラインにしたがい、MEO対策のアドバイスをさせていただきます。

Googleに掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

松本市、安曇野市など地方都市でのMEO対策(Googleマップ上位表示対策)について

弊社は設立が横浜市だったこともあり、東京都、神奈川県の店舗様とのお付き合いが多いのですが、地元である松本市や安曇野市といった地方都市でのMEO対策(Googleマップ上位表示対策)は、横浜市、新宿区、渋谷区などの大都市に比べて難易度が低い傾向にあります。

難易度は地域だけでなく業種にもよるので、例えばですが松本市でも飲食店や整骨院などは年々難易度が上がってきています。

とはいえ、まだまだチカラを入れていない業種も多く、うまくいけばグーグルマイビジネスに登録後、必要事項を埋めただけで3位以内に表示されるキーワードも存在しますので、まだGoogleマイビジネスを始めていない店舗様は、今すぐ始めることをおススメしておきます。

ですので、弊社のようなMEO対策業者から電話営業があった場合も、慌てて契約するのではなく、まずは自分で登録して1~2か月待ってみてください。

何もしなくても3位以内に上がってくるかもしれません。

まずは試してみて、それでも上がらない場合は業者を検討してみる感じでいいと思います。

検索が少ない地域でも期待できる

松本市など地方都市の場合は検索数自体が少ない業種があるので、SEO(検索エンジン上位表示対策)の場合は相性とのようなものがあります。

SEOのページ参照:松本市、安曇野市など地方都市でのSEO

ですが、MEOの場合「実際に人が訪れる店舗」であれば、地域に関係なくほとんどの業種で大きな集客ツールとなります。

例え、検索者が1日2,3人しかいなかったとしても、スマホの上部に表示されるGoogleマップをみて1人訪れてくれただけでも、その方がリピーターになってくれれば大きな集客効果があったと言っていいと思います。

あとはライフタイムバリュー(人生のうちにどれだけあなたの店舗にお金を使ってくれるか)次第ですので、お客様に満足してもらえるよう、サービス自体の向上、接客の丁寧さ親切さ、アフターサービスの良さなど、何度も何度もリピートしてもらえるよう、店舗全体での地道な努力が必要です。

  • サービスそのものの価値を磨く
  • 店舗への安心感・信頼感
  • アフターサービスの良さ
  • 顧客対応の丁寧さ・親切さ
  • 早さ、便利さ、価格

集客ばかりに目が言ってしまい、顧客にネガティブなイメージを持たれてしまうと、悪い口コミを書かれてしまったり、地味にお客が来なくなるなど逆効果となってしまいます。

松本市の「とんかつ屋」で実際にシミュレーションしてみる

例えば、お昼にとんかつを食べたくなったとします。

でも、どこのとんかつ屋に行こうか決まっていない。

となるとスマホやPCで「松本市 とんかつ」とか「松本市 とんかつ屋 おすすめ」などで検索しますよね。

以前はこれで、検索の上位に出てきたお店やグルメブログ、グルメサイトなどをみて決めたのですが、表示されたサイトを上から順番に何個もみて、比較検討しなければなりません。

これ、すごく面倒なんですね。

時間をかけて検討し、お店が決まったとしても、そのお店の住所をみて地図で検索しなおす必要があったり、実際にたどり着いてみたら定休日でがっかりなんてことにもなりかねません。

これではユーザーにとって不便なわけです。

その点、Googleマップの場合は、「とんかつ屋」と入れるだけで、勝手に現在地を割りだしてその付近のとんかつ屋さんの一覧を表示し、そのお店のメニューや価格、営業時間、定休日、口コミや★★★★★5段階の評価まで同時に分かり、さらに地図上でGPSを使って道案内までしてくれます。

Googleマイビジネスで何を公開しているかは店舗によって違いますが、その他にも画像で外観や内装、メニュー、動画などを公開してる店舗であれば、既にそこにいるかのような疑似体験が出来るレベルです。

ここまで至れり尽くせりなサービスなら、ユーザーはまずこれを見ますよね。

そのため、Googleは検索の一番上にGoogleマップを表示するようになってきています。

これはGoogleという企業が、検索結果でいちいちウェブサイトを確認しなくてもユーザーが行動できる、もしくは情報を得られるような方向に力を入れてきていると言えるので、今後はGoogleだけで完結出来るような流れになっていくかもしれません。

となると、ウェブサイト自体の存在価値というものも見直さなければならなくなっていく可能性もあるので、今後のGoogleを注視していきます。

MEOは実際にどのようなことを行えばいいのか

Googleマップで上位表示するためのポイントをいくつかまとめておきます。

  1. Googleマイビジネスの登録内容を充実させる
  2. 口コミを多く獲得する(必ず返信する)
  3. サイテーションを意識(良好なユーザー体験)
  4. 適度に更新する
    ※2017年から投稿機能が付きました
    (参照:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する)

まずはやってみよう

MEOは、「Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」である程度公表されてはいますが、事実上はブラックボックスです。

MEO対策に関する情報もネットで調べればたくさんできてきますが、どれも業者や対策を行っている個人の予想でしかないので必ず上がるとは言い切れませんし、地域や業種、キーワードによっても難易度が全然違います。

どれだけ頑張って対策を行っても、検索者の現在地に近い店舗に敵わないなんてこともよくありますし、私たち業者がどれだけ分析しても、「なぜあの店舗が上がってるんだ?」というようなことも普通にあります。

つまり、Googleしか答えを知らないわけですから、まずはGoogleマイビジネスに登録し、インターネット上で無料で得られる情報を元に、自分で対策してみてください。

おそらく競合の少ない地域や業種であればそれだけでも上位表示しますので、弊社のような会社の手を借りるまでもないでしょう。

画像を多く投稿するとか、週に一度は更新しましょうとか、動画が効果的だ、紹介文にキーワードを入れましょうとか、公式サイトやSNSとの関係性、インタラクティブ(双方向)なやり取り、サイテーション(ネット上にその店舗の情報がどれだけあるか)、ユーザーの行動に関してなど、ネット上で言われている情報をもとに、まずはご自分が検索者の立場になって考え、どのようなページだったら満足するかを想像しながら、情報なり投稿内容なりを考えて情報公開をしてみてください。

それでもダメだった場合は

それでもダメだった場合は弊社にご連絡ください。

Googleマップが出るキーワード、集客に効果的な検索キーワード、タイトルや説明文へのキーワードの含め方、口コミの集め方、サイテーション(言及・参照)獲得戦略など弊社が日々研究しているMEO対策の戦略、ライバル店舗の上位表示要因の分析結果など、事細かく説明させていただきます。

弊社もGoogleの答えを知っているわけではありませんが、お客様と一緒に1つずつしらみつぶしに、上位表示するまで対策していきます。

MEO対策に力を入れている時間がない、面倒なので弊社に対策を丸投げしたいというお客様もお待ちしております。

Googleマップ対策に興味がある店舗様は、一度ご連絡いただければ詳しく説明させていただきますので、お気軽にメールをいただければと思います。

お問い合わせ&ご相談

まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください!!!

こちらから連絡させていただきます。

ご質問、ご相談はお気軽にどうぞ!!